月刊『武道』「伝えたい日本のこころ」


 「伝えたい日本のこころ」では、長い年月を経て、大切に語り伝えられてきた歴史の名場面を描いています。
 
 歴史のものがたりは、なぜ語り継がれてきたのでしょうか。
 いろいろなご意見があると思いますが、私は、こう考えています。様々な時代の名場面には、人生を心豊かに生きるための重要な手がかりがたくされている、と。なぜならば、引っ込み思案だった子供の頃、そうしたお話を知るたびになんだか力が湧いてきたり、こころが清められたり、強くなったりするのが感じられたからです。
 しかし、昔は国語の教科書などで学び、誰もが知っていたお話が、今では教えられなくなってしまいました。そのために、私たちのこころから次第に失われていったものがあるーーそれが惜しまれてなりません。長年語り継がれてきたお話には、日本の歴史や伝統、大切な精神文化がたくされています。それは、後世の人々の幸せを願う、昔の人々の知恵、私たちへの贈り物といってもよいでしょう。
 悲しいことに、現代社会は混迷を深める一方です。
 そうした今こそ、こうしたお話に触れ、人間や人生というものに対する深い信頼や希望、逆境に負けないたくましい信念を育んでいくことが、何より大切なのではないでしょうか。


    歴史のことは 人生のこと こころのこと            







大型絵本「伝えたい日本のこころ」もございます。
ぜひご家族、親子三代四代でお楽しみください。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 
「伝えたい日本のこころ」は、
公益財団法人日本武道館発行月刊『武道』表紙絵と巻末の解説文の連載(2008〜)です。https://www.nipponbudokan.or.jp/shupan/back




画像の無断転用お断りします。使用ご希望の場合はお問い合わせ下さい。

一話一絵「伝えたい日本のこころ」&まみのえ日記

More