麻美乃絵

日本画家・中村麻美オフィシャルウェブサイト

中村麻美 (なかむら・まみ)

画家・挿画家。
三重県津市生まれ。三重県立津西高校、津田塾大学学芸学部国際関係学科卒。大学在学中、深層心理学をメソッドに日本人の精神性を研究、また日本画塾で(田中峰雪氏に師事)作画の基礎を学ぶ。
英語個人教授業、NHKBSニュースキャスター、絵本翻訳業を経て日本の心を伝えるメディアとして絵画を志す。書籍、雑誌、新聞、テレビ番組等で歴史物、武人画、創業者等の挿画を手がけ、近年は歴史上の人物の本画作品制作にも新境地を開く。
(公財)日本武道館発行月刊『武道』表紙絵「伝えたい日本のこころ」シリーズ(企画ならびに絵と文2007〜)では、語り継がれるべき日本人のよい行い、精神伝統を伝える物語を描く。作品を通して、日本人の心の深層に宿る、誰もが共感できる善なる心のようなものをよびさます仕事、特に若い世代への語りかけに注力し、全国各地で個展、挿画展ならびに講演活動を行っている。
1986年度ミス日本グランプリ。東京都世田谷区在住。

<主な仕事>  
NHK大河ドラマ原作・新聞小説「天地人」 (火坂雅志作2003~2006 新潟日報ほか全国15紙掲載)挿画全460回
「喜平次景勝修学の図」 (雲洞庵所蔵2008)
「天地人丸紋絵巻」(兼続おせんミュージアム所蔵2009)
「直江兼続」(新潟県立図書館所蔵2011)
・公益財団法人日本武道館発行 月刊「武道」表紙『伝えたい日本のこころ』絵と文(2007~)
    
・「斎王」(三重県立斎宮歴史博物館所蔵2012)
・エム・ケー株式会社花暦(2012〜)
・新聞小説「吉田松陰 大和燦々」(山口新聞ほか掲載 秋山香乃作 2012~2013)挿画全197回
・新聞小説「龍が哭く河井継之助」(新潟日報ほか掲載 秋山香乃作 野村胡堂文学賞受賞2015~2016)挿画全347回
・大型絵本「伝えたい日本のこころ」(公益財団法人日本武道館発行2016)

・NTT東日本法人向けウェブサイト経営ラボ(https://flets.com/keieilab/)連載挿画「武将の失敗学」
・福井新聞週刊大型連載小説挿画「鸞 翔ぶ」(加来耕三作 2018〜)挿画
・「土浦つくば三十六景」
・月刊冊子挿画など多数執筆中。
・2018年10月、日本武道館内に「伝えたい日本のこころ」原画展示コーナー開設。
・2019年オリンピックのために建設中の日本武道館新道場に100号本画作品を制作中。

<最近の主な展覧会>
H26 三重県立斎宮歴史博物館「斎王と伝えたい日本のこころ」展
H27 ホテル椿山荘アートギャラリー「伝えたい日本のこころ原画展」
H28 長岡まちなかミュージアム2016「伝えたい日本の心と美」
H29 萩市(公財)熊谷美術館「松陰先生と伝えたい日本のこころ」